. . .

一気に登って一気に落ちてきてくれました。

こうう上下は、上位足では、

大きなひげのロウソク足

的に見えることが多いです。

今回の場合は、そういう視点では、上髭の長い陽線(ピンバー)を形成しています。

 

複数のろうそく足を1つにまとめてみる。

トレンド変換を示しやすいピンバーを見つけやすくなります。
結構役に立ちますので意識していってみてください。

 

こういった波形が現れる背景として、
「強く押し戻される水平線がある」
ということです。

ここで大事なのは、「どこまで押し戻したか」です。
押し戻す始まりとなった頂点も他の水平線であることが多いのですが
大事なのは「押し戻したいという力は、どこを意識されていたのか」という点で
それが止められた点。

ロウソク足で言えば、実体の部分です。

 

こういう時のこのロウソク足実体で抑えられた位置
というのは、今後上昇しても下降しても、強い意味をもう線になりやすいです。
注意しておいてください。

 

今回は、上髭を付けた陽線のピンバーの形。
戻された位置も戻ってきた位置も強いサポレジ水平線が見られる位置。

一旦、売りの利確が入る位置なので、一旦上昇して「カップ型」を形成。

問題は、その後ですね。

その後、どうなるかが重要ですが、
形的には、その前もV字、ピンバーになっており、
それを受けての今回の上昇という流れで見れば

買いが優勢ですね。

揉み合ってくることも考えられますが、どっちかにしっかり動いてほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です