. . .

指標の影響もあって、きっちり戻ってきてくれました。

こうやってトレンドやレンジを抜け失敗して再び戻された場合、

一気に反対側、更にはそれも抜けて下降。

というシナリオもありえます。

現在見えている直近のローソク足の安値高値。
展開的には売り優勢とみれますが、

これを週明けでどっちに向かうかが大きなポイントです。

 

でもきっとその時間は・・・まだ寝てます。

 

週末なので、1週間の動きを再確認してみます。

下からV字と強く上昇し、注目される黄色のラインを抜いた起点(下のピンク)

そして、上昇を失敗させ強く押し戻してきた売りを受け止めた位置を
一気に抜いてきた起点。(上のピンク)

この2つで争っている状態。
黄色のライン自体(とそのちょっと下)が、注目を浴びやすいラインでもあると思うので
4時間足では、一度は抜けて確定していますが
日足レベルではしっかり押し戻されているので

このラインと日足の動きが見えてたら、
大きく下降した後に、このラインで日足ローソク足実体が終わる可能性は高いので
無理な売りは出来な方かったかなと思います。

上抜け失敗として、このまま下降し、日足の数か月のレンジの下限にを抜けて
その後それに抑えられて落ちていく。
こういう展開がありがたいですね。

一度前回抜けているので、次に抜ければもっとすんなり落ちていけると思います。

 

ただ、上昇のシナリオとしても

 

まだまだ十分考えられます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です