. . .

エントリー裁量度 ★
決済裁量度    ★
再現性      ★★★★★
エントリ頻度   ★★
収支安定度    ★★(レンジに弱い)
管理人お勧め度  ★★★★(一度はやろう的な意味で)

 

誰もが知っているとダゥ理論。

これでドテンを行う手法です。

実はこの手法、今あなたが思っている以上に強烈に破壊力がある手法です。

そして、この手法で専業トレーダになったという方も存在するぐらいです。

まだ勝てていあらっしゃらない方は、是非実践してみて下さい。

 

お勧めするのは、以下の組み合わせ

5分足、30分足、4時間足、日足

15分足、1時間足、4時間足、日足

間隔が均等になるバランスのいい構成です。

 

ダゥ理論でドテンというのは、
トレンドが継続すると、ずっと保持することになりますので
小さめの足でも平気で日をまたいだりします。

ですので、最初は、5分足か15分足で実施してみてください。

 

【ルール】

・ダゥの押し安値、戻り高値をローソク足実体が抜けたらエントリー
・決済はその逆。

 

これだけです。完全無裁量です。

 

またお勧めの方法として、
上位足がパーフェクトオーダーの状態の通貨で
その方向へのみ狙うというのもお勧めです。

 

さて、これだけですと「破壊力」を感じないと思いますが、

このシンプルが故の手法の凄いところは、

例えば、

5分足の上昇トレンドが継続して、30分足の戻り高値を超えてしまった。
こうなった場合、その上昇は、15分足のダゥが崩れるまで、保持できる。

という事になるわけです。

そうなれば当然利益は跳ねあがります。

最初は、単一時間足だけでの実施をお勧めしますが
慣れてきたら、次のステップとして、こういう使い方をしていくと
非常に効果的です。

但し、時間足が上がることで、許容する戻り幅も大きくなるリスクはあります。

また、双方向これをやってしまうと、ただの20分足のドテン。と変わりません。
ですので、上位時間足の方向に合わせて、片方向のダゥ理論手法で、より効果が出ます。

 

また、この手法を実施していくことで、

「ダゥ理論で目線が変わる」
「目線が変わる位置」

というのが自然と身についていくため、トレード全体が安定し易くなります。

 

裁量難易度が低く、利益もメリットも多いですので
是非実践してみてください。

 

参考

ダゥ目線でドテン売買してみた【検証】

 

★まだの方は下記も一度読んでみてください。

シンプル手法とは

■シンプル手法の注意点

■シンプル手法の決済例

■シンプル手法を無裁量でより安定させる方法

 

 

 

2 thoughts on “ダゥ理論ドテン手法”

  1. >例えば、

    >5分足の上昇トレンドが継続して、30分足の戻り高値を超えてしまった。
    >こうなった場合、その上昇は、15分足のダゥが崩れるまで、保持できる。

    >という事になるわけです。

    どういうことなのか、よく分かりません。
    詳しく教えて下さい。

    1. すいません。誤記ですね。

      5分足の上昇トレンドが継続して、30分足の戻り高値を超えてしまった。
      こうなった場合、その上昇は、「30分足」のダゥが崩れるまで、保持できる。

      が正しいです。

      30分足でダゥの目線が変わったのであれば、
      30分足のトレンドとして利をのばしていくことが可能ということです。
      但し、戻りの許容も30分足の値幅を意識しないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です