. . .

手法のルールを守る。ということ

手法のルールを守らないで実施される方が非常に多いと思います。

最も酷いのは、一度も手法のルール通りにやらずに、
最初から自分のルールを加えて代えたルールで実施される方がいます。

100害あって一利なし。です。

自分の方法を試すことが悪いのではありません。

元の手法を試さないと、「比較」ができないのです。

 

自分のルールを加えたことで、負けたのか。
元のルール自体では勝てていたのか。
自分ルールで良くなったのか、悪くなったのか。

まーったくわかりません。
これでは進歩が「できません」。

 

そもそも 手法を入手する。探す。

というのは、手法がないと勝てないから、手法が必要なワケです。

 

必至で手法を探しておきながら、
いざ手法を手にしたら、手法のルールを守らない。

 

これでは、結果が出るほうがおかしいですよね・・・

 

勝つためにルールが必要なのは間違いないです。

FXというのは100%が無い世界です。
但し、相場はランダムに動いているわけではありませんので
統計的にパターンが存在します。でもそのパターンも絶対ではありません。

その為に、「わからない」という事が大前提になります。

そのわからないということを「トータルで勝てる」用にするために
ルールが必要になるわけです。

そしてそのルールを守ることで、「何が起こるかわからない」相場の中で
トータルでも勝つことができるようになります。

 

自分ルールがわるいというお話はありません。

他人の手法だろうが、自分の手法であろうが

 

しっかりとルールを決める。

そのルールのもとで、勝てることを検証する。

そのルールを守る。

 

これだけです。

 

また、よくあるのが、

「わからないけど試してみよう。」

ありますよね。
でも、これは完全にアウトです。

 

判らないから手法が必要なわけで、そこで出来たのがルールです。

判らないところに手を出して勝てるのであれば、
そもそもルールは不要になってしまい、簡単に誰でも勝てる世界になっています。

 

判るところで、ルール通りにトレードをする。

 

 

勝ち組トレーダーが、

良くわからないけど試しに大金を突っ込んでみる。

 

こういうトレードをされさると思いますか?

 

 

これが出来るかどうかが、勝てるようになるかどうかといっても過言ではありません。

 

もう一度言います。

 

しっかりとルールを決める。

そのルールのもとで、勝てることを検証する。

そのルールを守る。

 

 

徹底されることを祈ります。

 

私の為でなく、誰の為でもなく、

あなたが勝ち組になられるために。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です