. . .

煽ったような記事タイトルですが

「チャンスを待つ」という事の裏には

「エントリーしたい」という気持ちが込められています。

 

なので、チャンスを待っていると、
ちょっとした相場の動きをチャンスのパターンに当てはめたり
ちょっとしたサインをエントリーできるチャンスと無理やり思い込んでしまったりします。

その結果よくあるのが、
決めたルールを守らないポジポジ病的エントリーです。

 

ここから一段ステップアップすると

「ひきつけたいところで待つ」

という事が出来る用になります。

 

でも、いつも引き付けたいところまで来てくれるかというと
そんなことはありません。

そうすると、ちょっと届かなかったけど仕方ない
そこでエントリーをしよう。

妥協してしまいがちです。

 

なので、もう少し考え方を変えてみましょう。

 

チャンスを待つのではなく
引き付ける場所で待つのではなく

 

勝てる場所を探しましょう。

 

自分のノウハウ・スキル・チャートパターン
それらを使って、どこなら勝てるのかを探し、シナリオ作り、
勝てるパターンを待つのです。

 

もちろんいつもそうそう勝てるシナリオ通りにはなりません。

そしたら

 

そこから次の勝てるシナリオを探せばいいのです。

 

 

勝つために、手法があり、サインがあり、ルールがあります。

そのチャンスを待つのではんかう、

それらを使ったら勝てる場所。

 

自分のスキルでわかる勝てる場所。

 

これを探すことで、飛躍的にトレードスタイルが安定します。

 

是非やってみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です