. . .

シンプルな決済方法でいえば、

次に止められそうなサポレジで利確。

 

という方法があります。

これはまだ相場観がしっかり身につく前には特に有効な方法です。

決済・利を伸ばすというのは、実はかなり裁量スキルが必要でして

裁量スキルが無く、MAなどを使った「伸ばすだけ伸ばす」というのは
全てのエントリーが「MAまだ戻ってから決済」するため、
トータルでは、無駄がかなりあります。

私の場合で言えば、
狙ったサポレジでしっかり利確するほうが利益は多いです。(実際に統計結果です)

そのようにサポレジでスパッと利確した場合、
そのサポレジを抜けていく場合は、また(形を見て)エントリーしていきますが

その時に次はどこを狙うのか。

これは実は単純に次のサポレジというだけではありません。

今、どのレベルのサポレジを抜いたのか。
そのくらいの戻りを許容できるスタイルなのか。

によって変わってきます。

 

例えば、1時間足でエントリーする手法であれば
普通の次のターゲットは、次の1時間足以上のサポレジです。

ところが、今抜いたのが4時間足のサポレジであれば
次に止められるのも4時間足のサポレジ以上。ということになり大きく利を狙うチャンスになります。

ここで注意したいのが、上下する動きも4時間足レベルになりますので
損切り位置・SLを押し上げるタイミング

なども意識する必要があります。

 

ですが、このように、
時間足の違いだけなく

抜いたサポレジの強さ

を意識することで、利を伸ばすチャンスが見えてきます。

是非意識していってみてください!

 

※これは実際に過去チャートですぐ検証できますので、
ご自身のスキルにあわせて検証してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です