. . .

4時間足のゾーンと中期トレンドラインに支えられて下降してきている状態です。

最初の赤丸の空白を埋めるようにしっかりと上昇し、
上のゾーンに入り込んできていますが、戻してからの下降がそれを抑えての一気の下降。
そしてそれを一気に押し戻した動き。

これはあまり良い売りの展開ではないですが、その上昇をゾーン(一気に落ちたトレンドの起点)でしっかりと受け止めて、更に下降でした。

下髭が無い足が連続し、下位足でのWトップを形成はしていましたが、
そのご一気に動いたので入るにはちょっと難しかった気もします。

その後一度良い感じでゾーンを作ったので、下に抜けるかなと思いましたが

きれいに大陽線のインサイドバー状態です。
ちょうど今はトライアングルになり、上を試してますが果たして抜けるのでしょうか。

この大陽線ができて、次の売り失敗で「レンジか反転」は予想できます。
その後上昇して、その上昇も失敗。

これで「レンジ状態」が判断できます。
ここでレンジが見えてれば、そのあとは「上からねらう」「下から狙う」ようしておけば、無駄な負けは無いと思います。

 

 

最初と同じく一旦は上昇して空白を埋めてから、振り落としてくる。
という形が良い気がしますが、
そうなると中期トレンドラインを割ってしまうので
大きな伸びは期待できないかもしれません。

 

いずれにしても、値動きが小さくなってきているので、
あまり無理する展開ではないと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です