. . .

月足です。

2つのきれいなチャートパターンができあがり、その間で激しく攻防している状態。
ここ数か月のレンジは全てこの中央の緑のゾーンで行われています。
現在そのゾーンの下限というところ。

もう少し細かく見てみます。

まず黄色の四角の位置、激しく攻防がある中、
見事なほどローソク足実体が抑えられているのが判ると思います。
それが正に現在価格が止まっている位置でもあります。

既に約5か月、この黄色のゾーンとほぼ同じ幅でもみあってきています。

直近では、勢い良い上昇し、一旦は上のネックゾーンで止められたものの
少し上抜け抜けして、ゾーンを抜いた足で止められての下降。
その下降でV字を作りつつも、勢いは止まり揉み合っている状態。
上昇の勢いに対して売りの勢いが弱く見て言える状態。

現在止まっているのが強い赤色の線。ゾーンの下限ですので
ここで上昇反発し、今月大きな陽線を付けるようだと、
一旦上昇し長期下りのトレンドラインに抑えられて、三角収束を作っていくことも考えられます。
そうなるとまだまだ長い揉み合い時期が続きますね・・・
ただ現在の経済状況からすると、もう少し動きが出だすかな・・という気もします。

次は週足です。

黄色の縦線から値幅が大きく変わってきているのが判ると思います。
力のある売りが見えませんね。
どんどん値幅が小さくなり、収束していますが、収束期間も結構ありますので
そろそろ動いてもおかしくないですね。

チャネルのラインともう1つ下に引いたサポートラインをみると、
そこまで落ちるシナリオも見えてきます。

SMA21も引いてみました。
2本前の足でSMA21を上抜きしつつも押し戻され、抜け失敗。
それを受けての下降。そして今週。
今週下抜け出来なければ、上昇してもおかしくない展開。
にしても揉み合いゾーンの下限である赤いサポートラインきれいに抑えられてますねぇ。
この黄色枠は約300Pipsですね。

 

日足です。

直近上昇の起点にもなる青色のゾーン。
ここを既に下抜けているので、条件的には、赤線を超えていってもいい場面。
ほんとにちょうど戦闘真っただ中です。

直近の上昇と下降とその前の上下の波では、勢いが違うのが見て取れると思います。
直近は、トレンドと言える一方的な動きに対して、それ以前は陽線と陰線が入り混じった上下。
また画面内の過去2回は赤線に到達後すぐにしっかりとした陽線で反発されてますが
今回は揉み合っています。
現在亜はちょうど4時間足レベルの上昇起点で止められている状態。
これがほぼ最終のサポートラインでしょうか。果たして押し切れるのか注目です。

 

といった分析を踏まえて、再度週足を見てみます。

どちらに動いても200-300Pipsの動きがありそうなので、狙っていけそうですね。
(もちろん一気にとは限りません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です