. . .

激しくご日でしたが、最終的には売りが勝った感じで下げてきています。

ポイントは、

高値まで届いた
直近上昇の起点は破った

という事で、売りも買いもまだ残っている状態。

前回の上昇が、戻り高値をヒゲだけ抜いているので、
それを受けての売りが、安値(正確には起点)まで届かないで上昇する用だと
そのまま上昇トレンドに転換していく可能性が大きくなります。

そこで注目したいのが、一番下の肌色のゾーンともう1段下のゾーンです。

売りがどこで止められるのか、意識しておきましょう。

 

また、上昇していくようだとすると
今回の激しい上下で上を一度試していますので、
次の上昇は一気に抜けていく可能性が大きいです。

上昇の形ができたらチャンスも逃さないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です