. . .

ローソク足 プライスアクションを活かすコツ

ローソク足1,2本が示すプライスアクション。

1,2本で示すので当然、騙しも多いですし大きな相場を示すものばかりでもありません。

基本は、次の足を示す。
です。

私の記事でも多いのが、ピンバーとリバーサル。
反転系のプライスアクションのサインですね。

これらは、

「これ以上、上には行けない」

「上に行くのを阻止して、売りに入った」

ということが見て取れるプライスアクションです。

 

相場の状況によっては、トレンド転換の頂点や起点になりえる重要なプライスアクションです。

 

但し、もちろん騙しがあります。

この騙しを減らしてより信頼性の高いサインを見つけるには
プライスアクションの示す意味を理解することが大切です。

 

先の2つのサインであれば、

「上にイケない」

 

ということから売りのサインになります。

 

なので、そのサインがどう影響していくのかは

 

その下に何があるのか。
その下のサポレジを超えられるのか。
その下のサポレジと上をとめたサポレジはどっちが強いのか。

 

が判ればいいよ言うことになります。

上はとめたのはわかった。じゃあ下はどうなのさ。

ということですね。

 

良いプライスアクションのサインが出たから、すぐに入るのではなく

その進行方法に何があるのか。
何に止められたのか。
何を抜いたのか。

も判断材料に加えてみてください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です