. . .

短い記事ですが、とっても大事な事です。

 

まずFXの世界には、優位性・エッジという言葉があります。

判りやすく言うと、

いろいろな観点から有利な位置でエントリーしましょう。

それは結局、より多くの人がエントリーするタイミングです。

 

例えば、

上昇トレンドの押し目で、フィボナッチの50%あたりで直近高値にぶつかり
更に短期MAと中期MAと中期トレンドラインに反発してエントリー。

みたいな。

ここでもう1つ大事な優位性があります。

 

FXにおいては、

低い位置で買って高く売る。

 

損小利大という考え方がります。

 

一般の方はおろそかにしがちですが、
勝ち組の方やプロの方は大抵意識されます。

 

つまり、一般人より多くの資金を動かす人たちは、

損小利大になるエントリーポイントまで待っている。

ということですね。

 

損小利大をつきつめることが、
大きな優位性を得ることができるエントリーになる。

 

ということです。

 

やっぱりFXは待つことが大事です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です