. . .

今回の記事はかなり深いです。

理解できると押し目買いがかなり楽になります。

まず赤いレジはかなり強いレジとみられます。
上昇後にそのレジに反発して下降、2つ目の小さいほうの黄色の箱。
これが止められたのラインを左をみると、最初の黄色の箱でつけた売りのトレンドの安値になります。

その1つ目の黄色の売りの心理を考えます。
上のラインで反発しての下降を狙い売りを行いましたが、そのまま再上昇。
しかし再度下降して元の位置まで下がってきた。というところです。

これがもう少し別の場面であれば、安全に期して利確して逃げておく事もある場面。
そうなると、右の黄色の四角はもっと戻して上昇しているはずです。

上のラインを割っていない。そのラインが強い。
そのために、ポジションを保有したままの売りが残っています。

水色の箱も同じことが言えます。

つまり、下のゾーンに到達するまで、
これらの売りはずっと保持しているわけですが、
このゾーンを抜ければ目線の切り替えです。

売りの最初の目標として利確がみられて当然な位置ですが、
それまでずっと保有したままの売りの量が多いので、
売りの利確で一気に上昇します。

上昇すればするほど、「今度こそ」勝っているうちに逃げようと利確が増えます。

その後2度上を試して失敗し、再度売りのチャンスになったという流れです。

 

この流れで意識してほしいのは

止められた位置(黄色線)

それが左側でどこで止められたのか。

その売りはどこからどこまでの売りがはいっていたのか(左側の黄色、水色の売り)

その逃げの利確が発生したのか。

戻りが発生するなら最大どこまでか。(★重要)

 

 

これを意識できると、どこまで戻る可能性が大きいのか。

非常にわかりやすくなります。

 

この理屈で分析していくと、
ヘッドアンドショルダーができるパターンが多くハマります。

 

説明の言葉が難しいかったのですが、わかりますかね・・・

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です