. . .

鉄板パターンの失敗がチャンス

画像は

山尊(ヘッドアンドショルダー)のネックブレイクでエントリー

という、教科書的な鉄板パターンです。

 

しかしあまり大きな上昇はせずに戻ってきました。
そして、HSの安値を超えて、そこから更に一気に下降しました。

これもE値が効いていますね。
「買った分だけ売られる」同じ理屈です。

 

これはどの鉄板パターンでも同じように言えるのですが

鉄板といわるものほど、より多くのエントリーがされます。
それらのエントリーが利確位置まで伸びずに戻ってきた場合
それが損切りになる位置(今回で言えば安値)でも大量のエントリーが残っている可能性上がります。

そしてそのエントリーが損切りされることで
一気に下降していきます。

ほぼE値まで伸びたのが損切りにより伸びが大きい証拠ですね。

 

「鉄板の戻りを狙う」という狙いでもいいのですが

 

エントリーが集中したかチャートパターンを把握し
その損切りラインはどこか。
そのエントリーは利確目標まで伸びたのか。

 

こういうことを意識して、

損切りで伸びるライン

というのをサポレジとしてわかるようにしておくと
伸びやすいトレンドを捕まえることができます。

これの良いところは、
仮に鉄板のような良いパターンをリアルタイムでは判断できずに逃しても
後で気づいておけば、損切りの集中したラインは引ける。

ということです。

 

チャートの復習のメリットも大きくなりますし
是非意識してみてください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です