. . .

■環境認識

大きな視点では、下降の勢いはどんどん弱まっており、反転の気配。

大きな目線の強いサポートに到達しており、そこで日足レベルのWボトム。H4レベルのWボトムx2を形成しての反発上昇中。

前日にH4のWボトムのネックで反発して上昇してきており
ここで再度上昇すれば、3波の3波となる展開。

H4のWボトムから反発してきているので、再度大きく下降するというシナリオよりは
このまま上昇していくシナリオのほうが自然ですね。

 

■エントリー

とはいえ、雇用統計前なので
指標前で値動きが小さくなる可能性が大きい。
指標で環境無視で値が動く。

ということで、エントリはなしでもよかったと思います。

ただ形としては、15府何市レベルでは一旦日足Wボトムネックのラインを下抜けたものの
すぐさま反転上昇し、MAとトレンドラインをブレイクという絶好の形。

損切りも大きくなくていいですし、指標のリスクを覚悟で入ってもよい形でもあったと思います。

短期のトレンドラインが2つ引いてますが
1つ目のブレイクも、サポレジを言いタンした抜いてのリバーサルでの良い戻りなのですが
トレンドラインに対して2点しかついておらず、ブレイクではなく戻りをまつパターン。
その後の戻りもMAの傾きや値動き的にもう1つ待ったほうがいい形です。

結果、矢印の位置。または赤のレジを抜いて行くところでエントリーがよかったと思います。

中期MAも絡んでますし、雇用統計なので止まるのは4時間以上のサポレジのみと思って間違いないです。

私は日足レジでスパッと切りましたが、もう1つ上の4時間足のレジまで伸ばしても問題なかったと思います。

 

そしてこの動きが、日足レベルの下降トレンドラインをも抜いて上昇していき、
2つ前の下降の起点で一旦止められた状態です。

この後、

一旦少し戻り、そのトレンドラインで反発して上昇していく

または、日足のWボトムネックまで大きく戻して再上昇

というシナリオで狙っていきたいと思います。

先のほうの矢印はただなんとなくです・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です