. . .

手法はネックやトレンドラインのロールリバース(戻り押し目)です。

まずUSDJPYの環境認識として、週足で

一度大きく下にヒゲで抜けているとはいえ、無視できないラインに直面している状態です。

そのうえで4時間足での現状が

完全にフラッグの状態です。
本格的なトレンドはこのフラッグを抜けてから。
今回のような15分足でのトレードは、この中の上下(主に売り)を
小さくとっていくという事になります。

最初の矢印は
トレンドライン
Wトップのネック

と両方のローリバになってます。

MAも短期中期といい感じに絡んでますし
中長期の目線は売りなので、
直近上昇の起点まで狙っていいと思います。

そのあとの激しい動きは無理せず傍観で良いと思います。

最初のトレンドラインのブレイクも速すぎますので見送りですね。
こういった収束もなく速い展開のブレイクは、騙しとなることが多いです。

そして最後の矢印が、トレンドラインがWトップの斜めのネックラインにもなっていますので
これも反発していくところを狙えたと思います。

直近の上昇が大きかったので、利確目標もその上昇の起点までを一旦とてとくのがいいかなと思います。
絵に描いたようにきれいに止まってますが、結果論ではないです。

 

そして画像の赤丸のところですが
これもラインの延長上にある反発なので狙う事は可能ですが

これも狙うかどうかあらかじめルールに決めておく。
戻りまでの時間が大きいので、反発のされ方がその都度大きく違います。
強く一瞬で反発する場合と、しっかりと反発を確認する必要があるケースです。

これらの事も意識して、狙うのか見送るのか。決めておくといいと思います。

私は狙わない派ですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です