. . .

まず最初の矢印ですが、ラインを抜けた後の戻りを狙うパターンとしては
あまりいい形とは言えないのですが、エントリーとしたのは
直近高値を付けた後の売りの形の悪さです。

しっかりとした陰線で抜けることがなく、常にひげを含んでの下降。
この形ではその後の上昇を止めるためのラインができにくいので、守られにくくなります。

 

逆に2つ目の矢印は、抜ける形は悪くなかったのですが
・重要なレジに近い場面で無理な買いは控えたい。
・展開も速く、利確も小さい

ということで、結果的には取れていますが、
大きな利益でもありませんので無理せず見送りで良かったかなと思います。

 

その後、意識していた重要なレジの反発で大きく下降。
静観です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です