. . .

指標で大きく動いた後というのは、落ち着き待ちみたいな状態になりやすく退屈ですね。
更に昨日もまた指標がありましたので、基本的に「静観日」ですね。

まず最初のブレイクは、ラインがまだ信頼性が低いので見送り。
次の矢印がそのブレイクへの戻りを狙った位置ですが

・まだ直近安値を試しておらず、そこを利確にするには近すぎる。
・とはいえ中期MAも絡んでるので、その1つ先を目指してもよい
・更に長期MAも絡んだ水平状態なので、少し大きく騙しのような上下も起こりやすい。

ということで、私的には見送りです。

3本のMAが水平になっているところは、ほんとうに難しいんですよね。(特にEURUSD)

騙し覚悟で入るのもスタイル次第でありですが、
その場合は、何度騙されても続けなあいとだめですね。

 

次の矢印が、上述の「直近安値を試した」後の戻りです。

ローソク足の形。タイミングとあまりよくはないので
確定ではなく、短期MAを抜いて行くところ。
または更に次の足で抜けていくところでもよかったと思います。
とはいえ、指標までに決済は出来ない気はするので、見送りがいいと思います。

 

その次の矢印は、そこまでにエントリーしていなかった場合です。
形的に入れる場所。ではありますが、指標ですね・・・

 

私ははあy目に夕飯の時にはもうMT4は落として今週のトレードは終わりになっていました。

今週はちょっとやりにくかったですねぇ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です