. . .

ちょっとサポレジについて能書きです。

よくサポレジ転換というのを聞くと思いますが
これは厳密にいえば、下位足で見たら「押し目」です。

なので押し目もサポレジ転換も基本の考え方は同じです。

まず、

サポレジを抜いてトレンドが上昇しました。

ところが、買い組からしたら、
本当にこのまま上昇するの?
また戻されるのでは?
という不安があります。

売り組からすれば、
いやいやまだ負けてない。戻すんだ!

ですね。

これがもう少し上昇すると
本当に大丈夫? そろそろ戻されたりしない?

と伸びるほどに、上昇の勢いはお衰えます。

この大前提にあるのが
「本当にこのまま伸びるのか」

という不安がベースです。

そうすると結局

新規買いは控えられ
新規売りが増え

結局相場は戻ってきます。

そして抜いたサポレジまで戻されて、そこでの攻防に勝ってまた上昇したとします。

すると今度は
「これは本当の上昇だ」

と思う人が増えますよね。

むしろ相場の動きが判ってる人は
「よしこここそが本当のチャンスだ」
となり、本格的な上昇となります。

つまりは、

サポレジに戻ってきて、上昇したから安心して買える

わけです。

これがもし戻りが小さかったら。

「もっともどってくるかも」
「この上昇本当?」

ということが結局付きまといます。
その結果、伸びきらずということも当然あります。

なので、

「サポレジにしっかり戻る」

ことでようやく安心して買いが出来る。

つまりはそこまでは、買いは様子見にしかならない。

だから結局は

サポレジまで戻ってくる。

という動きになりますし、
安定したエントリーを望むのであれば、
戻ったことで初めてエントリーができる。

ということになります。

これが、サポレジ転換や押し目の理屈(の1つ)です。

実際には、この理屈と
相場の形や、他の優位性などを複合的に判断して
「どこまでもどるのか」
を意識する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です