. . .

ヒゲと盾の大きな動きが多く精神的に揺さぶられる展開でしたが

終わってみれば割ときれいな感じです。

後の上昇は見送ってもいいかなと思いますので、
最初のどちらかの売りが取れてればよかったかなと思います。

 

1つ目は、既に何度も着いているラインのブレイクなのですが、
上を抑えられている箇所がやや半端なので、ブレイクを狙わずに戻りを待ちます。
もどりでコマ足を作り、その安値とサポレジと両方抜いて行くところでエントリーですね。

その後わずかに届かずに戻ってきてしまたので一度逃げていてもよかったかなと思います。

そして再度黄色のサポレジで揉んで反発の形を作っていくところで入れたかなと思います。

そのあとの上昇ですが、

まずこういう大きな動きがあった場合に、

・ヒゲはどのくらいなのか
・残った実体はどのくらいなのか。

ということを上位足も含めて確認します。

基本的には動いた方向が優勢ですが、一旦戻してくることは十分考えられます。

戻した後に、どっちに動くのか。

が大事ですね。

今回の場合は、ヒゲで半分戻されながらも、ル魏の足でしかkり上昇していますので買いが優勢とみます。

ここで入れるパターンもありますが、止められたのは1つ前のヒゲ先、
あの勢いのある動きを止めた位置ですから、当然反発は予想されます。
左側えおみれば反発が予想できる位置であることも見て取れますので戻りを待ちます。

一旦聞い論尾サポレジをぬくものの、上昇の節目で跳ね返されサポレジも超え、リバーサルを形成しての上昇。

矢印の高値をこえていくところでエントリー可能だったかなと思います。

ここは確定をまって次の足の上昇していくところでもよいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です