. . .

最初の矢印は、前日に2つ見送った後に、ラインブレイクで素直にはいれた場面です。

大きくは狙える展開ではないですが、1つ下のサポレジ線までは狙えると思います。

 

そのサポレジ線が、H4レベルでの直近上昇の起点になる場面です。

本来ならば、そこまで到達してからもみ合いになっていいのですが、
その前にもう揉み合ってますので、ここはすんなり反発も考えられる場面です。

起点のサポートラインは強いので、素直に入っていいかなと思います。

ただ問題が利確です。

・最初のトレンドの50%(ここは既に到達で無視)
・15分足の下降の起点=最初のオレンジ線
・4Hのトレンドの50%付近=次のオレンジ線と黄色線の間

このどれかが意識できていたら良かったかなと思います。

 

素直に伸ばして、少し衰えが見えて初めての陰線。またはその後も揉み合いで黄色線ああt理で決済出来ればいい感じかなと思います。

 

現状は、既に一度黄色で高値を付けあた後に、ちょっとだけ再度高値を更新という
上昇の衰えが見える展開です。
再度下降して、上昇の起点まで下を試してくる展開になれば、さらなる安値更新が狙えると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です