. . .

ほぼすべての通貨で言えるのですが、方向性がしっかりしない上下がくりかえされるような状況になっています。

米中の関係の影響も多大にあるかなと思います。
こういう時は無理してトレードしないほうが得策とは思います。
一応エントリーを解説しますが、全て見送りでも全く問題ないと思います。

最初のエントリーは、明らかに早い展開なので見送りです。

それにより
1.安値更新
2.起点を試す
3.ちょっとだけ安値更新=売りの勢いはない。抜き失敗。

という見方ができますので、次はレンジか上昇の認識が必要です。

そのあとの矢印がサポレジもMAもうまくあった良い形のエントリー。

が、伸びきらず。一度上昇後大きく戻っての損切りです。
その後の再度の上昇も抜けずに止められ、ここで再度下降のチャンスになり、

サポレジのとrこでエントリーが可能と思います。

利確は上位目線での直近安値の起点です。

このようなよくない流れでの底付近への到達ですので、
やはり無理してトレードする状況ではなくなっているかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です