. . .

ピンバー手法エントリー解説 10/21 EURGBP H1

①ローソク足の形

サポレジに対して逆。押し目という感じ。
なので本来のピンバ―の強さはないものの、サインと下は十分に使える感じ。

 

②1時間足判断

下にあるサポレジで止められてもいあっている問いう展開の中で
「そこを試した後の抜いて行くエントリー」
という位置づけのタイミング。

但し、もみ合いの形からは、抜こうとしているサポレジは弱くはなく
再度反発させられる可能性も十分ある状態。

 

③日足環境認識

4時間足でははいらなかったので日足で。

大きな上昇の起点付近。上昇の前に揉み合っているちょうど中にいます。
また直近で一度つけている安値がとりあえずの目標ということで、
まだ十分下降を狙える状態で張ります。

 

④15分足

これ書いてるうちに黄色サポレジについちゃいました・・・

15分足でみると、Wトップを作りネックでの反発がピンバーを形成した形。
良い形ともいます。

④先の展開

とりあえずは、目先の黄色のサポレジ。
その先が少し前に使た安値。
そのあとは結構先まで狙えて最大100Pips近くは狙えるところと思います。

いずれも反発の可能性は十分ありますね。

 

⑤エントリ―判断

直近のヒゲ先当たりを1つの最小の目安とすると
少しリスクリワードが悪いので、
このままサポレジを抜けていくところを狙うのはやや厳しいです。
なので
黄色サポレジで反発して上昇してきた形を見て、逆指値で売る。
または再度の下降のタイミングで売る。

というのがいいかなと思います。

利確は設定せず、最大値を頭に置きながら臨機応変な決済になると思います。

 

■結果

私は記事を書いてて出遅れたので、完全に見送りでしたが
その後、横の展開を見せて広いWボトムを形成。
すんなりエントリーされた方は、このあたりで逃げの決済をして10Pips程度にはなったかなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です