. . .

ピンバー全通貨検索 日足ピンバー 10/22 NZDJPY

今回は手法の実践とはちょっと違います。

私は、環境認識の1つとして、日足・4時間足のサポレジ+ピンバーも監視しています。

そして毎朝(こんな時間ですが)、日足のピンバーをチェックしています。

そこで見つけた良い形です。

NZDJPY D1

Wボトムのネック+サポレジでしっかり押さえられてのピンバーが発生。

・すぐ下の赤線

・上昇のフィボ50%あたり

・もう1つ下の赤線(上昇の日足起点)

まで落ちていく可能性があります。

現状既に下がって言っていますので、落ちていく可能性は十分あると思います。

うまく下位足で売りのトレンドフォローを狙っていけるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です