. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 11/04

通貨全体的に月曜日の祝日という事もあり動きも鈍く形の悪い相場でした。

まず最初の白い矢印です。

大事な抵抗は1度上を試していて抜けるタイミングのエントリーなのですが、
直近の小さい下降の起点はまだためしていません。

ここを待たずに抜いて行くところでのエントリーの理由は、
赤のサポレジ線での反発を意識したためです。

反発してもにげれるように早く(低い位置で)エントリーしてリスクを回避するという考え方です。

その次のエントリーが待った場合ですね。
私は昼から実施になったので、2つ目でエントリーでした。

その後、もわずかに抜けただけで完全にCHで抑えられた感じがあったので
逃げて決済してしまいました。

最初の矢印でエントリーでできた場合は、赤のサポレジまで我慢。
というのもアリとは思います。

ただ、結局伸びませんでしたね。

実は終わってからサポレジを見直したら
止められた位置に4時間足サポレジをひけたかな。という感じになりました。

引けていた方はすんなり利確できたのではないでしょうか。

 

その後の下降はサインが出ずに見送りですが、

他の通貨でも割と伸びているのですが、どれも毎回大きく下髭を付けるような足ばかりで
形が悪くほとんど見送りでした。

やりにくい相場がつづいてますねぇ・・

一応、サインはでていないのですが、
2つ目の×が売りのチャンスではあります。

斜めにヘッドアンドショルダーのネックになり
ピンバーがでて、それを次の足では抜き切れず、サインが出なかったという状態です。
それがみえていれば、裁量ではいってもよかったとお思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です