. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 11/12

最初の買いの矢印が条件的にはみたしていたのですが
・ローソク足や形が小さい
・次の足が上髭がやや長め

ということで、見送りというよりは、もう少し見て良いタイミングは待つ。という感じです。

こういう
「サインは有効として、もっと納得てできるエントリーのタイミングを待つ」

というのは裁量手法いおいて非常に大事と思います。

「形が悪いから待つ」
「目の前にサポレジがあるから待つ」

などですね。

待った結果、良い形の時は、もうサイン矢印は不要です。

 

今回の場合は、次の白矢印がそのタイミングになりエントリーです。

それが上昇した後に、大きく反転してきました。

最初の売りのサインのところは斜めのHSのネック抜けに近いのですが
まだ下に起点とサポレジがあるので、ここは見送りです。

待った結果、もう1つのHSのネックとサポレジと起点をぬけていったところの
黄色の矢印でもエントリーできたと思います。

又は、サインを待って白矢印のところでエントリーです。

決済が少し届かず。トレンドラインと直近安値の位置をぬいてきたところで逃げの利確しました。

一方的な下降ではありましたが、ちょっと下がっては戻されて。
を短期的に繰り返し強さは感じられず、
こういうトレンドの場合、ラインを割って一気に上昇もよくあります。

その為、速めに逃げた。という感じですね。

今回は割と伸びてからトレンドラインを割ってくれましたが、

エントリー後常に警戒は必要だったと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です