. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 12/05

今回もサポレジ+プライスアクションの形が多くなってしまいました。
サインインジをサポレジ対応しておいいのですが、サインが出すぎる気がするんですよね・・・

現状のイメージでうまく裁量判断していただけると一番です!

最初の形は、形のよいリバーサルでサポレジをぬけて、直近の起点を試し、
その後サポレジでささえられて、リバーサルの高値をぬいていくところでエントリーです。

私はここ見逃したので・・・次の足で戻ってきたところで入ってしまいました。

決済が少し嫌な形だったかなと思います。
届かず。上髭。上下の揺れが大きめ。と反転の毛高校が強く出ています。
サポレジまで粘っても良かったですし、プラスでにげれたら良かったと思います。

その後Wトップというか3トップというかを作り、大きな上髭のピンバー。
一度下を大きく試した後なので、その先を狙えチャンスです。

私はサポレジの決済としましたが、上昇の起点までしっかり届いてますね。

その後、もみ合いっぽく上昇しつつ、下髭のピンバーを付けての上昇。

ここもエントリーしていてもよかったのですが、
SL:TPが1:1とおいしくはない。
すぐ先のサポレジで止められる可能セミ少し残っている

ということで見送りました。

結果的に三角収束のようになってきてますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です