. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 12/20

最初のサインは、画面左のヒゲが気になってもう1度試すのを待ってみる
ということで見送り出来たらより良かったと思いますが
ルール的にはエントリー可能なとこですね。

そこで一度負けて、再度サポレジに支えられながら
おちていくところをエントリーで来たかと思います。

ルール的には、指し与野日足のサポレジで決済なのですが
・ヘッドアンドショルダーのネック抜けというようなエントリーになり
その形からの利確目標としては近すぎた。
・戻されてもそのネックでの反発が予想される

ということで、1つ先に設定しました。
上位足的に見れば、更にもう1つ先に設定しておくのも悪くなかったと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です