. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 1/10

上昇フラッグからの加下降を狙いたいものの若干半端な位置からの下降で
下で止められそうな個所も多く、一度戻りを待つも上下の展開で形が悪く
やっと来た小さい丸のエントリータイミングも

・少し前の下降(黄色)がほぼ同じところで止められており、再度止められるリスクがある
・MAが既に下降の形は一旦終わり気味
・指標がある

 

ということで見送りでした。

かといって上昇も狙えず。という日でした。

 

ちなみに上の黄色のゾーンは4時間足でみる起点です。
サポレジではなく、起点がしっかりきいているのが判ると思います。

時間足ごとにローソク足の形も違いますから、起点お位置も変わってきます。
少しだけでも意識できるとトレードの幅が広がっていくと思います。

 

結局今週は、初日が一番稼げました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です