. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 1/27

前週のエントリー判断での決済地点より大きく下がっての開始。

そこから上昇し窓を埋めてきて、もう少ししっかり埋めてほしかったですが
サポレジで反発されて押し目の形で下降。エントリーの優位性としては
・中期MA
・サポレジ反発+黄色サポレジ越え
・短期上昇フラッグブレイク

と悪くないのでサインでエントリーです。(私はその1つ前でしたが・・・)

基本は、サポレジ手前の起点が決済目標なのですが
優位性から抜けていく動きを狙っています。

しかし、一度反発(試しのような動き)の後、再度止められてしました。
本来ならここはぬけないと問題なので、勝ってるうちに決済とSLを押し上げ
サポレジを超えてきて決済となりました。

 

・安値更新
・底(起点)を試す
・抜いていく。

この「抜いていく」を失敗するときは、落ちていけない。それだけサポレジが強い。
つまりレンジか上昇になることが多いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です