. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 1/30

下の黄色線が何度か止められて抜けた線です。そこでのサポレジ転換をして落ちていく
というのが狙いで最初のルール通りのサインのエントリー後に先のサポレジを目指したのですが

1つ目で戻される展開。
なんとか建値で逃げたという感じです。

再度の下降も抜けずに上昇でWボトムを形成。
やはり固いのか一旦上昇の可能性がつよくなりましたね。

 

2つ目のサインは、□の部分でプライスくアクションを確認できるので

それを受けて、一度上髭をつけて起点を試し、その次の上昇で裁量エントリーですが、

利確はそう大きくはないので見送りでもよいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です