. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 2/5

本当に形ができない動きが多い最近です。

4時間足で見てもらえるとわかりますが、
4時間足のレベルで確認できるプライスアクションが全くない状態。
1時間足でもほぼ同じで、やや上昇が優位かな?という程度で収束状態ですね。

個人的には上のかのサポレジが良い戻り売りのタイミングとみているので
画像の矢印のサインでルール通りのエントリーですが
起点に再度止められて上昇し、直近の下降の起点をも超え
短期の下降トレンドラインも超えダゥも崩壊。

レンジか上昇の可能性が強くなってるので、
逃げれるときににげれたら良かったかなと思います。

 

この手法ではあまり環境認識を意識はしていませんが
やはり反転時期というのは勝率は落ちます。

その回避に上位足でプライスアクションで形ができる。
というのを目安にすると無理なエントリーは減ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です