. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 2/12

中央付近にある黄色のサポレジとその下の赤サポレジが昨日お話しした強いサポレジ。

そこを四角のところでコマ足を作って抜いていくプライスアクションを示したチャンス。

なのですが・・・左の丸が邪魔してるんですよね・・・

あの飛び出しがある分「ブレイクで入るのは危険」になるわけです。
またすぐ上にもサポレジがあるので、
一旦そのサポレジで跳ねられて、戻してからの再上昇を狙う。

 

というのが安全柵ですが、結果は画像の通り。

戻らず。戻っても再上昇せず。

 

その後の下降も邪魔が多くねらえず。でした。

 

もう1つ、ちょうどいい形があるのでご紹介。

下の赤い線。日足のサポレジで価格が終わってますよね。

これは日脚で見れば、上下の動きはヒゲのような動きになり、
結局サポレジで抑えられた。という形。

日脚のサポレジがぴったり聞きやすいのは日の終わりです。

サポレジの時間足によってそのあたりも意識されると良いです。

当然、週末、月末は、週足・月足のサポレジがしっかりきいてきますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です