. . .

プライスアクション手法 EURJPY 復習 2/25

ざっくりですが気になるポイントのプライスアクションを四角にしてみました。
この形ちょっと続けていくかもです。裁量判断の参考にどうぞ!

最初の矢印は完全に裁量なんですが
2つの四角がポイントで更に
・小さなヘッドアンドショルダーネック抜け
・サポレジブレイク
・短期上昇トレンドラインブレイク
・短期MA反転で全MA方向一致

という優位性があってのエントリーです。

ただ一旦画面中央の黄色のサポレジ(上昇の起点)で決済するものいいと思います。

 

その次の2つの矢印が、サインを受けてのエントリーですが

起点・サポレジが近くちょっと悩むところ。見送りでもいいと思います。
今回あえてエントリにしたのは、最初のエントリーの優位性を受けての事です。

 

決済後に一旦上昇し、サポレジ+直近安値での再下降。

四角の位置で良い形も出てるので、エントリーしてもよかったポイントと思います。

私は直近上昇の起点を1度試してから、と思ったらそのまま抜けて、形が悪くなってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です