. . .

三尊(ヘッドアンドショルダー)のトレード。トリプルトップ

三尊というのは、ヘッドアンドショルダーとも言われて、トレードの手法として意識されるチャートパターンです。

三尊の代表的なトレードパターン

三尊を使ったトレードパターンで一番多いのが、素直にネックブレイクでエントリーする手法です。

3つの山ができるまで待っており、更に最後の山は少し下に抑えられた形。

下降の流れが見て取れます。そこから素直にネックを抜けていくところは十分な売りのチャンスと思います。

ここでいう三尊のネックは中央となる山の両足を結ぶラインになります。

斜めであっても線を引いてみるとしっかり効いているのが判ると思います。

そのラインをン桁ところでエントリーというのが王道です。

決済は、そのラインから最高値までの距離の倍。E値と呼ばれる決済方法が多いです

 

三尊とトリプルトップって違うの?

 

まぁ一緒です。

というと「えー!」という声も聞こえてきそうですが、どうして一緒と言えるのかというと

どっちもそこまできれいに「これは三尊」「これはトリプルトップ」と分けれるものばかりではなく
更に三尊と言えても、毎回形が変わり、毎回同じエントリーのスタイルは通用しません。

状況に応じた判断が結局必要です。なので同じようなもの。ということです。

実際の具体例を見ていきましょう。

この画像には、2つの三尊ができています。1つは汚い形です。

1つ目はネックラインが斜めになっている。3つ目の山が小さい。

「これを三尊とみるべきかどうか。」から議論がはじまってきそうです。

じゃあこれは三尊なのでしょうか? ちがうのでしょうか?

答えは、

 

正解はありません。

 

です。

 

チャートパターンの実践的な考え方

見てる人の一部の人は「これは三尊!」と思うでしょう。

別の人たちは「これは三尊とはいえないよ」と思うでしょう。

どっちとも正解です。

両方の意見が存在しやすい迷いのある三尊の状態。ということです。

 

三尊かどうか。だけの0か1の状態だけではないという事です。

この感覚が裁量を行う上で非常に大事です。

 

「自分が迷う場面は他の人も迷うということ。だからそこに答えを求めるのではなく、

わかりにくい相場という答えで状況判断をする」

ということです。

 

では話を画像に戻します。

最初の三尊は、汚い形なのですぐにエントリーはしにくいけれども可能性ある。

という見方で見ていきます。そうするとネックのラインがい左側からしっかり効いていってるのが見て取れます。

形は悪くともブレイクという1つの優位性が少なからず効果がある。

ということです。

 

じゃあこのブレイクでエントリーしよう。

というのは少し早すぎです。

そうそう単純な考え方だけでは、安定はちょっと遠いです。

 

まずこの三尊がどういう位置で止められたのか。ということが凄く大事です。

止められたのは、1つ前の下降の起点(緑の矩形)となる位置。
下降トレンドが維持される最終ラインと言える位置です。
止められたラインとしては弱くはないですが、上昇も強いから、起点まで上昇しています。

画像だけでは、素直に優位性とみるには少し厳しいです。
(実際は上位足で下降トレンド中の動きにあるのでもう少し優位性はあります)

 

そしてもう1つ見るべきは、利確の位置です。

E値でみると、26Pipsぐらいで、下の黄色いサポートラインとの中間あたりです。
ですが左側を見ればそのあたりで止められる線がないので、サポレジ線まで一気に狙えると思います。

なので利確が大きめの有利なエントリーという事が言えます。

 

・汚い三尊のブレイク
・3山目が小さいものの上髭が出ていて、下降の意欲ともみえる
・上は一応強い起点で支えられてはいる。
・リスクリーワードあが1:2近くある。
(・上位足では下降トレンド中)

という情報が揃いました。

そこでさぁどうする?ってことです。

わかります?

 

三尊ネックブレイクした、よしエントリーだ!

ではないんです。

 

裁量エントリーの意味と大切さ

三尊ネックブレイクした、よしエントリーだ!

サインが出た、よしエントリーだ。

手法の条件が出た、よしエントリーだ。

 

こういうトレードをしていたら、安定して勝つことはできません。

先の解説でもあるように

・状況(チャートパターンやサイン)の明確さ
・その形が出来た経緯(左側)
・関係するサポレジライン
・その他の優位性(上位足やMAなど)

これらが毎回形が違うのです。

これをその時々の状況に合わせて判断する必要があります。

人によっては、MAも使う人もいます。
ボリンジャーバンドを使う人もいます。
逆にうまく上位足のトレンドを認識できないひともいれば、
一度に色々考えれない人もいます。

 

どう判断して実践するかは、一人一人が違うんです。

だから、手法やサインだけでは勝てず、
自分が使えるエントリーチャンスは、自分しかわからないんです。

 

このことをしっかり認識して、相場を見つめて自分の手法を作り上げるようにしてみてくださいね。

勝つにはそれしかないと言っても過言ではありません。

 

さて、話を戻します。

三尊トレード例

先ほどの条件から、最初の矢印のブレイクは完全には推奨できないけど、優位性がある状態というのが分かります。

 

なので、慎重な人は見送り(もう少し待つ)、大胆な方はエントリーする。
という両方が考えられると思います。

 

そこで出てくるのが次の矢印です。

最初の矢印を待った結果、そのネックに戻ってきてしっかり押さえられての下降。

RB(ロールリバース)のエントリーチャンス。
最初のエントリーを見送った方もここはチャンスになります。

ところが・・・

すぐ先に水平線のネックがあります。
なので、ここでも
できるだけ上でエントリーできたならよし。

少し戸惑って遅れたら見送り

という選択肢が生まれてくると思います。

これもまた、その時々の状況やろうそく足の形。個人の判断速度によります。

相場ってこのように、本当に違うものなのです。

一言で「三尊ブレイクからのRB」じゃ済まないんです。

 

そして迎えた最後の矢印が水平の三尊のネック抜け。

ここでは

・形も悪くない
・決済まで強い抵抗がない

・E値よりサポレジが小さい
・先のRBの動きもあり、下降の優位背は強くなっている

となります。

今度は、利確が減ってしまったのが問題になってきます。

ところがサポレジがE値の少し手前にあります(E値なら×決済)

なので、サポレジまでを狙う事で、ほぼE値に近い形で1:1のリスクリワードでエントリーすることができます。

 

更には、1度RBしていますので、その高値を損切りとすることで、
リスクを減らして1:1.5ぐらいのエントリーにすることもできる場面と思います。

 

ほんとに状況次第で変わるというのが分かってもらえると思います。

 

手法やサイン、ルールというのはあくまで形です。ベースです。

その形の上で、じゃあ今の相場はどういう状況なの?

ということを自分の能力で判断できるようにしていきましょう!

 

 

その為にも日々の相場分析・反省はすっごく大事ですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です